細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

オステオパシーの圧

ここ数カ月の間に「オステオパシー」という言葉が数回耳に入ってきた。 聞ききなれない言葉が数人の友人の口から発せられたということは ご縁があるのかも。ということで体験。 体験した結果、よくわからない。 が、施術の後は毎回眠くなるので身体は確実に…

自由が丘のブックファースト

自由が丘に行くとたまに寄るのがブックファースト。 目的もなくブラブラしながら本との出会いを楽しむ。 今回、出会ったのはこちら 「ゆるんだ人からうまくいく。」 著:ひすいこたろう/植原 紘治 ゆるんだ人からうまくいく。 意識全開ルン・ルの法則 作者: …

伊勢丹5階のワンダーランド

新宿には行き慣れていないので、伊勢丹にもあまり行かない。 行ったとしても地下で、仙太郎にするか甘楽にするか鈴懸にするか悩むくらいだ。 今回は初めて本館5階まで上り 藤田 理麻さんの新作絵画展&サイン会へ。 作品たちに痺れたことと ご本人が気さく…

愛しの京都

「考えずにパッと答えてくださいね。日本でどこが好きですか?」って突然聞かれました。みなさんはなんと答えますかぁ? というfacebookの投稿が目についた。 京都! すこし考えて 鎌倉、軽井沢。 そうだ。私は京都が好きだ。 歴史ある京都。 妄想族のわたし…

サイババの水

たまに行く”こだわりの食材を集めました”的なお店で 主婦が劇並びしている一角があった。 どうやら目当ては「超高濃度水素水 Real Draft」らしい。 これはひとつ乗っておくかということで、購入。 専用のボトル(550ml)を購入し1杯につき100円(だったと思う)…

見知らぬ道の散歩

散歩が好きだ。 しかし、見知った道には飽きがくる。 見知らぬ道の散歩は刺激的でいい。 しかし、疲れる。 一番いいのは、友達に先導してもらう見知らぬ道の散歩だ。 本日の先導付き見知らぬ道散歩のコースは 「代官山~恵比寿」 はじめての絵本屋さんや洋服…

東慶寺の駆け引き

北鎌倉が好きだ。 北鎌倉といえば駅前にそびえる円覚寺。 (わたしの)北鎌倉ランキングでは常に1位を誇っていた。 しかし、ここ数年円覚寺を脅かす存在が。 そう、東慶寺である。 なぜ、東慶寺が急激に好きになったのか。 東慶寺はfacebookページを持ってい…

麻雀の風

ここ数年、麻雀にハマっている。 麻雀は流れに左右されるゲーム。 人生の縮図だ。 だから人生を学べる。 そんな麻雀の世界で”伝説の雀士”と呼ばれる 桜井章一氏の言葉は心に響く。 「ツイていないときは放銃して卓を活性化させる。それがめぐりめぐって自分…

見知らぬ犬

犬が嫌いだ。 動物が嫌いだ。 本当のことを言うと、 犬が怖い。 動物が怖い。 なぜ怖いのか。 よくある「子供のころに飛びかかられて」というトラウマもあるにはある。 しかし、母親いわく「その前から鳥も怖がっていた」と。 前世で何かあったとしか思えな…

阿部智里の八咫烏シリーズ

阿部智里の八咫烏シリーズにハマっている。 現在、4作目まで発売されているこのシリーズ。 1作目、2作目は読者を上手くミスリードさせて 最後にどんでん返し。 またそういう展開だろうなー思い、3作目を読んでビックリ。 1作目、2作目で見せていた世界はほん…

自由が丘hyphenのロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティー 1100円。 高っ! と思ったけれど、どれだけ美味しいか試してやろう という感じで注文。 ウマっ! 飲んだとたん、からだ中から力が抜けていく。 深いコクと濃厚だけれど後にひかない甘さ。 納得の1100円。 しかし、これだけ濃厚で甘いく…

EPSONアクアパーク品川のイルカ

#活性化せず エプソン アクアパーク品川 │ 品川駅から徒歩2分のエキマエ水族館 「直感型テーマパーク」 と銘打っているから、チームラボ的な感じを期待していったらがっかり。 残念。もう少し。中途半端。惜しい。 光と闇、色やタッチパネルを使って見せ方…

田中千智の黒と余白

田中千智の絵は暗い。いや黒い。 はじめは水彩画を描いていて、油絵には苦手意識を持っていたそうだ。 そこで「なぜ苦手なのか?」と考えたところ、 油絵では余白が許されない。それが苦手の原因だということに行きついて キャンバスを真っ黒に塗ってみたら…