読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

見知らぬ犬

犬が嫌いだ。

動物が嫌いだ。

 

本当のことを言うと、

犬が怖い。

動物が怖い。

 

なぜ怖いのか。

よくある「子供のころに飛びかかられて」というトラウマもあるにはある。

しかし、母親いわく「その前から鳥も怖がっていた」と。

前世で何かあったとしか思えないので、これ以上の深堀はやめておく。

 

しかし、例外も存在する。

怖くない犬もいるのだ。

それは、見知った犬。

相手のことを知り、大丈夫だと分かるともう怖くない。

 

私は挙動不審な犬が嫌いなのだ。

何をするか分からない、通じ合えないことが怖いのだ。

だから、犬以外でも挙動不審な生き物は嫌いだ。

 

昆虫も嫌いだ。

しかし、私への影響力が小さいものは怖くない。

蟻とか。

セミとか、飛ぶものそしてそれなりのスピードを持つものは怖い。

蝶やトンボは大丈夫。

 

私の好き嫌いはどうでもいい。

 

先日、久しぶりに見知らぬ犬に出会った。

その時の心臓の高鳴りと手汗。

一緒にいる友人を自分の前に立たせせて壁にする私。

 

嫌な方向へ活性化した。