細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

伊勢丹5階のワンダーランド

新宿には行き慣れていないので、伊勢丹にもあまり行かない。

行ったとしても地下で、仙太郎にするか甘楽にするか鈴懸にするか悩むくらいだ。

 

今回は初めて本館5階まで上り

藤田 理麻さんの新作絵画展&サイン会へ。

f:id:saikatsu:20151031183344j:plain

作品たちに痺れたことと

ご本人が気さくでかっこよい素敵な女性だったったことは

また別の話として

 

その帰り道、すっかりクリスマスムードの5階フロアをウロウロ。

f:id:saikatsu:20151031180437j:plain

 f:id:saikatsu:20151031180445j:plain

 

すると突然、爽やかで優しい空間が。

f:id:saikatsu:20151031181204j:plain

優しい光を描いたような作品たち。

キャンバスだけではなく、布にも描いてあり

ひらひらと揺れる布がまた気持ちいい。

布だったりキャンパスだったりお花だったり

作品たちがつくっている空間が本当に素敵だった。

 

パシャと写真を撮りながら、作品をみていると

しゃがんで棚から何かを取り出している店員さんが

下からニッコリと微笑みかけてくる。

まさかのご本人、植田志保さんでした。

 

黒や力強い色で、みている私たちをぐっと引き込むような理麻さんの作品と

光と風を感じる、みていてホッとするような植田さんの作品。

 

まるで収縮と弛緩だな。

 

ワンフロアの中にいろんな表現が詰め込まれている

伊勢丹5階のLIVING&ARTフロア。

 

美術館なみに活性化されることを発見。