細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

オステオパシーの圧

ここ数カ月の間に「オステオパシー」という言葉が数回耳に入ってきた。

 

聞ききなれない言葉が数人の友人の口から発せられたということは

ご縁があるのかも。ということで体験。

 

体験した結果、よくわからない。

が、施術の後は毎回眠くなるので身体は確実に反応している。

 

オステオパシーがどういうものかというと

身体の歪みや滞りを整え、自然治癒力を高めることを目的とした施術。

詳しくはオステオパシー連合のサイトを読んでもらうとして

 

特徴的なのは、5g程度の圧で歪みや滞りを調整する点。

5gってほとんど触れられているだけ。

しかし、それが効いているのだ。

(*たまに、5gではない施術もある。)

 

先日読んだ、「ゆるんだ人からうまくいく。」にも

 パワーの強い刺激は細胞が抵抗するから体の深部まではなかなか到達できない。

体の内部まで浸透させるには、微細な波動である必要がある。

という記載があり、なるほど!合点。

 

強い刺激に慣れ、ゴリゴリとマッサージされるのが気持ちいいと思っていたが

対処療法じゃ、いたちごっこだもんなぁ。

 

オステオパシーを受けていると、自分の身体に敏感になっていく。

当分の間、定期的に通って定期観測をすることにする。