細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

正座とDNA

仕事の95%はパソコンとニラメッコなのだが

忙しくなってくると頭・首・型・目が痛くなる。

 

そこで次の日に不調を持ち越さないよう、寝る前にあの手この手でリセットする。

 

温めたり、流したり、揉んだり。

しかし、概してこういう場合は傷む部分を直接ケアするだけでは

どうにもならなかったりする。

 

今回、意外と効いたのが正座だ。

 

頭近辺の辛さとは関係ないように思えるが

なんだろう、気持ちがいいのだ。

すっきりする。

 

日本人のDNAの中には「正座」というスタイルが刻み込まれているのだと思う。

身体だけではなく、心までしゃんとする。

 

ブログでは活性化ということで、たらたらと文章を書いいるのだが

最近は、活性化というよりリセット=沈静化に目が行っているように思える。

 

まぁ、忙しいからなのだろうが

仕事をしていて満身創痍になっている状態を考えてみると硬直化だ。

呼吸が浅く、体に力が入っている。

 

そう考えると、沈静化は柔軟化なのかもしれない。

 

活性化を考えるとき、泡がポコポコと湧き上がっているイメージが浮かぶ。

f:id:saikatsu:20151119192739j:plain

 

ポコポコと湧き上がるためには柔軟さ。

 

なんてことを、たらたらと考えた。