細胞を活性化するモノ

たまに活性化しないモノ

みんな違ってみんないい  (by 金子みすゞ)

自分の意見を軽んじる癖がある。

「自分の意見なんてたいしたことない」という自信の無さと

「意見なんて人それぞれ違うんだから」という諦めから

自分の意見なんて表現するほどのこともない、と思ってしまうのだ。

 

しかし、人の意見は大好物。

 

大好きなドラマを観たあとに、

大好きなドラマブログ「nothing hurt」を読んで

感想を読むのが楽しくてたまらない。

 

nothing-hurt.com

 

今一番楽しみにしているドラマ「風中の縁」。

大好きなドラマ「歩歩驚心」と同じ原作者&スタッフ&キャストのドラマだ。

 

ざっくり説明すると、男二人と女一人の恋物語

主人公は男Aのことが好きだったが、何度も振られ故郷に戻る。

故郷に戻る主人公を見つけ出して隠し、自分の女にしてしまう男B。

主人公が去ってから彼女なしでは生きていけない自分に気づく男A。

 

私は男B押しなので、彼の思いが伝わるあたり前のめりで視聴しているのだが

「nothing hurt」では、下記のような感想になっていた。

--------

冷静に考えると男Bの主人公に対して行った行為は「誘拐」です。
誰からも、男Aの捜索の手からも彼女を隠し、閉じ込め、戦場という非日常の空間で主人公が大切してきたものを一つ一つ手放させる。
男Bが意図的に計算していたとは思いませんが、主人公はストックホルム症候群になっていたのだと思います。※ブログから一部抜粋させていただきました 

--------

 

す、ストックホルム症候群かぁ。

ははぁ。確かに。

 

こういう、自分が全く見えてなかった方向から

ドスンと来る刺激があるから人の意見を聞くのは楽しい。

 

そう考えると意見の価値というのは

たいしたことが「ある」とか「ない」とかではなく

違うことだなんだな。

 

これからは、ドラマの感想なども書くかもね。